伐採をして庭の手入れをしましょう|面倒な場合は業者に依頼

フラワー

農業に良い影響があります

植物

需要が低下しました

日本の農業にはいくつかの問題が存在しますが、そのうちの一つは獣害が増加していることです。昔から日本の耕作地は、イノシシなどが出現して、耕作物を食べることがありました。しかし昔の場合には、現在ほどそうした獣害が多くなかったのです。このように獣害が増加した原因として、間伐が減少したことが指摘されています。昔は間伐材を里山までしに行って、それを燃やして生活を行っていたのです。例えば間伐材を乾燥させて薪にして、煮炊き物や風呂を沸かすなどして使用していました。ところが石炭や石油が使用され始めると、そうした間伐材の需要は急速に低下するようになったのです。間伐材の需要が低下したことで、間伐をすることが少なくなりました。

獣類が増加しました

すると里山の木々の枝は、伸びるようになります。枝が伸びるようになると、それだけ落ち葉の量も増えます。このようなことが繰り返されることで、里山は自然の山に近い状態に戻ったのです。自然の山のなかは、里山とは異なってイノシシなどが生活し易い環境になります。そのためそれまであまり存在しなかった里山に、イノシシなどの獣類が増加するようになったのです。獣類が増加するようになった里山は、人間の耕作地に対して、隣り合わせになっています。隣り合わせであれば、山のなかよりも耕作地のほうが、確実に食料を確保することが可能です。こうした原因で獣害が増加するようになったので、最近は里山を復活させる取り組みが始まっています。したがって間伐を行うと、農業にも良い影響が生まれるのです。

Copyright© 2016 伐採をして庭の手入れをしましょう|面倒な場合は業者に依頼 All Rights Reserved.