伐採をして庭の手入れをしましょう|面倒な場合は業者に依頼

フラワー

重要性が再認識されました

木々

山のなかが明るくなります

昔の日本では、里山を作り上げることによって、農業を円滑に行うための工夫が行われていました。里山というのは、基本的には普通の山なのですが、人間の集落の周辺の山を示すものです。昔の日本では、間伐材を日常の燃料として使用していた歴史があります。山の木は光合成をする必要があるので、日光を求めて個々に枝を伸ばします。しかし間伐を行わないと、枝の数が多くなるために、なかなか日光に当たることができません。すると余計に枝を伸ばすので、山のなかは薄暗くなるのです。これに対して間伐を行っていると、枝の数が少なくなるので、十分に日光に当たることができます。するとあまり枝を伸ばさなくても良いので、山のなかは明るくなるのです。

人間の集落に近付きます

間伐で山のなかが明るくなると、山のなかの視界が良好になります。山のなかの視界が良好になると、そこを通るイノシシやシカは、人間に発見され易くなるのです。イノシシやシカにとって人間は、殺されるかもしれない恐ろしい動物なのです。実際に日本人はこれまでも、イノシシやシカを食用として狩猟してきました。そのため山のなかの視界が良好な場所には、イノシシやシカが現われなくなり易いのです。ところが現在は、里山の間伐が少なくなったので、里山のなかが薄暗くなっています。結果としてイノシシやシカは、発見され難いので、人間の集落に近付くことが増えました。もちろんそこには人間の田畑があるので、イノシシやシカが田畑を荒らすことが増えたのです。そこで最近は里山の間伐の重要性が、再認識されるようになりました。

Copyright© 2016 伐採をして庭の手入れをしましょう|面倒な場合は業者に依頼 All Rights Reserved.