伐採をして庭の手入れをしましょう|面倒な場合は業者に依頼

夫妻

重要性が再認識されました

木々

里山は間伐を行なうことで様々なメリットを得ることができます。間伐された材料は燃料として使用することが可能であり、また間伐を行なうことで里山そのものが明るくなるのです。さらに、里山の奥まで見通せることで、イノシシを発見しやすくなり、事前に獣害を防ぐことができます。

農業に良い影響があります

植物

間伐材が求められなくなったことや、間伐そのものの減少したことで、以前より獣害が増加しています。間伐が行なわれない里山は、イノシシにとって過ごしやすい環境となり、民家まで山を降ってきたイノシシが耕作地を荒らす、という被害が発生しています。

育ちすぎた木に対処する

自然

自分で処置できない場合に

新しく土地を手に入れたときや、自宅の庭を長い間放置しておいたとき、伸び放題になった樹木に困ることがあります。害虫が発生したり落ち葉が積もったりして、日頃の掃除にも苦労しますし、伸びた枝が隣地との境界を越えて、トラブルの元になることもあります。また古くなった木は台風などで倒れやすく、二次災害の原因にもなります。すっきりと伐採してしまえば、こうした懸念を解消できます。育ちすぎた樹木は、自分で伐採するのは困難です。かつて自分で剪定していた木でも、高齢になって手に負えなくなる場合があります。このような際に専門業者の伐採サービスを利用すれば、事故やケガの心配もなく、処置の難しい樹木をキレイにすることができます。

適切な方法を選ぶ

チェーンソーを用いて根本から伐採すれば、作業は迅速確実に行なえます。短時間で済むので、料金も比較的安くなります。ただし土地が狭くて危険なときは、樹木の上部から少しづつ切り取っていきます。高所作業車が必要になる場合もあります。時間と費用はかかりますが、市街地などでは安全性が高い方法です。現場の状況によって、適切な方法を選ぶことができます。伐採した木の処分も、個人では面倒です。後始末も含めて依頼できるのが、伐採業者を利用するメリットのひとつです。時間を節約したい場合や、自宅から離れた場所の伐採をしたい場合などには、こうした利点が最大限に活かせます。事前に相見積もりを取って比較検討するのが、上手な利用法と言えます。

庭の芝の管理に役立つ方法

草刈り

庭の美しい芝生を保っていくためには芝刈りが必要であり、芝刈り機を用いると失敗がありません。ハサミで管理をしたいときには5cm以上まで伸びたら半分まで切ることを繰り返すと芝の成長点以下まで切ってしまうリスクを回避できます。

Copyright© 2016 伐採をして庭の手入れをしましょう|面倒な場合は業者に依頼 All Rights Reserved.